ヨガをすると足のニオイ気づきます

足裏を毎日気にするようにしてみましょう。よく見られる脚じゃなく足の裏を気にするのです。足の裏は誰にも気にされないのに毎日文句も言わず健気に働いてくれます。そこを大切にすることで足裏に角質が溜っていたり汚れていたらすぐ対処できるようになります。とにかく足裏の重要性をもっともっと考えてみるのです。

足裏に異常があるとまっすぐ歩くこともできませんよね。まして運動なんて絶対に無理でしょう。足裏が硬くなっていても運動するとすぐ疲れます。足裏が柔らかく異常がない状態だから私たちはまっすぐ歩いたり走ったりジャンプすることができます。

わたしは足のニオイも気にしていますが足の裏の状態を気にしています。それはヨガをやる習慣があるからです。ヨガは常に裸足で行いますからイヤでも何でも足の裏を見ることになるんですね・・・。はじめに座禅を組むのですがそこで足の裏が全て見えます。

足が臭いときは座禅を組んで足の裏が上を向いた瞬間にもわっと臭ってきます。イヤなニオイが鼻をつきます。ヨガ続けている間は足の裏に注意が行きますし、臭ったらすぐに対処もできます。ヨガの前に足が臭ったら除菌シートで足の裏を拭きますがそれでスッキリです。

定期的な角質処理が有効?

私は30代の会社員の男です。私は幼いころから手足多汗症で手のひら、足の裏に大量に汗をかきます。手のひらは気持ち悪いと洗えば大丈夫ですが、足は頻繁に洗うことはできません。仕事で一日中歩き回った靴下は湿った靴下に菌が繁殖し、想像以上のにおいを放つこともあります。

家に帰ればもちろんお風呂に入り体を洗いますが、その流れで足を洗っても入浴後の足を嗅いでみるとなんとなく臭いにおいが残っていることがあります。臭いのはあまり好きではないのでどうにかできないかなと考えていました。

おそらく、ボディソープを使い、体洗い用のタオルでこすっても表面の汚れしか落とせておらず、凹凸に潜んだ菌や、古くなった角質を取り除けていないのではないでしょうか。においの原因を防ぐためにクリームを塗ったりすることもすすめてありましたが、多汗症の私はクリームを塗ってしまうと汗でベタベタになり、余計気持ち悪くなってしまいます。

そこで使い始めたのが100均でも売られている軽石です。体を洗う前に、足を先にボディーソープを使い、手で優しく洗います。足全体にボディーソープがなじんだところで軽石を使い強すぎない程度に全体から、指の間までこすっていきます。そのあとにいつも通り体全体を洗うようにしました。

そうすることで、足だけを洗う前と比べてお風呂上がりの足のにおいは大幅に改善されていると感じています。強くこすると皮膚が傷つきそこからまた菌が繁殖することもあるそうなのでこする強さは注意してください。簡単にできる方法なので試してみてはいかがでしょうか。

コメント