ニャオワンを使ってひどくなったという口コミはある?

ニャオワンの口コミを見ると良い感想がほとんどですが、ひどくなったという口コミもあるのか調査しました。

>> ニャオワンの詳細はこちら

ひどくなったという口コミは?

ニャオワンの口コミを調査したところ、ひどくなったという感想は見つかりませんでしたが、悪い口コミは数件ありました。

・塗って数時間は足臭が気にならないものの、持続性はないと思います。

・足の角質ケアにアプローチすると聞き購入しましたが、1週間使っても効果を実感していません。

・10日間継続しても足臭に変化がないので、効果なしだと思います。

ニャオワンの悪い口コミを見るとひどくなったという感想ではなく、期待した効果を実感していないという感想が主流です。

(悪い口コミを分析!)

・使用期間が短い
ニャオワンの悪い口コミを見ると、短い使用期間の人がほとんどのため、使用期間の短さも効果を実感できなかった原因のようです。

・ひどくなったという口コミが無い理由は?
ニャオワンの口コミでひどくなったという感想が見つからない理由は、汗を抑制する成分を配合していないからです。

足の汗腺に蓋をすると、臭いを悪化させる可能性があり、場合によってはひどくなったと感じるケースもあります。

しかし、ニャオワンは汗を抑制しないで古い角質ケアにアプローチするため、ひどくなったという状態にはなりにくいと言えます。

ニャオワンには制汗効果があるの?

ニャオワンは、足のエチケットケアに働きかける商品ですが、制汗効果もあるのか調査しました。

(ニャオワンに期待できる効果は?)

・足裏のアンチエイジング効果
ニャオワンには、フラーレンやEGF、乳酸菌、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、ヨーグルト、尿素、セイヨウナシ、セイヨウシロヤナギなどの成分が配合されています。

これらの成分は、足裏の古い角質ケアにアプローチするので、ニャオワンは根本的な足臭対策を目指せます。

ニャオワンに期待できる効果を見ると、古い角質ケアとなっていて制汗成分を配合していないため、ニャオワンは制汗効果が期待できません。

(なんで制汗効果がないの?)

ニャオワンに制汗効果がないのは理由があり、公式サイトにその理由が記載されています。

・制汗効果がない理由
公式サイトを見ると、『汗を止めるために汗腺に蓋をしてしまうとよけいに臭いが出るため、自然に汗を出しながら足の臭いをケアします。』という説明があります。

足の臭い対策は、汗を抑制するより角質ケアをする方が効果的なため、ニャオワンには制汗効果がありません。

・制汗効果なしで足臭ケアできる?
足臭は、足を清潔に保つことと古い角質ケアがポイントになるので、両方にアプローチするニャオワンは制汗効果がなくても足臭ケアに十分期待できます。

ニャオワンは背中にも使えるの?

ニャオワンは、足のエチケットケアを主にした人気商品ですが、背中にも使えるのか調査しました。

(背中にも使える?)

ニャオワンの公式サイトを調査したところ、Q&Aにこんな内容がありました。

Q:他の部分にも使えますか?

A:ご使用は可能です。気になる部分にご使用ください。ニャオワンは、足に使っていただくのがおすすめです。

Q&A欄の回答を見る限り、ニャオワンを背中に使うことも可能ですが、ベストは足のケアのようです。

足の裏には背中の数倍汗腺があるので、そういった点を考えると背中と足裏のケアは別の手段が理想的です。

(背中のケアはどうする?)

・背中は入浴時の洗浄でケア
背中は足裏や脇と比較すると通気性が良いので、雑菌に対するアプローチより洗浄によるエチケットケアがおすすめです。

因みに、背中の臭いが気になるからゴシゴシ洗いをするという対処は乾燥肌の原因になるので、優しく洗う・過度の洗浄は避けることが大切です。

逆に、足裏は通気性が悪く雑菌が繁殖しやすい環境のため、ニャオワンを使ったエチケットケアが理想的です。

・足臭対策は清潔キープと角質ケア!
足をキレイに洗っても、時間が経つと臭い!という方も多いと思います。

足臭対策は、清潔キープと角質ケアの両方がポイントになるので、両方にアプローチするニャオワンは足臭対策に理想的な商品です。

敏感肌の人でも使えるの?

足裏は、顔やお腹などの皮膚と違い厚めの皮膚ですが、敏感肌でも使えるのか気になる方も多いと思います。
そこで、ニャオワンは敏感肌でも使用できるのか調査しました。

(敏感肌でも使えるの?)

・敏感肌の方は事前にパッチテストを!
ニャオワン使用時に限りませんが、敏感肌の方が肌に付けるアイテムを使う場合、事前にパッチテストの実施をおすすめします。

ニャオワンの公式サイトを見ると、『かぶれたという連絡はありません。』という記載があり、敏感肌の人でも使えるようですが、『万が一不調を感じた場合は、直ぐ使用を中止して下さい。』という注意書きがあります。

(成分は何?)

敏感肌の人がニャオワンを使う場合、成分が気になると思います。

・ニャオワンの主な成分
ニャオワンには、フラーレンやEGF、乳酸菌、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチン、尿素、セラミド、セイヨウナシ、西洋シロヤナギなどの成分が配合されています。

これらの成分を見る限り、敏感肌の人でも使えることが分かりますが体質には個人差があるので、事前のパッチテストは大切です。

・敏感肌の人も使っているの?
ニャオワン体験者の口コミを調査した結果、敏感肌の人でも使っているようですが、パッチテストをしてから使い始めています。

ニャオワンとクリアネオを徹底比較!

ニャオワンとクリアネオは、エチケットケア商品の中でも人気を集めていますが、足臭ケアはどっちがいいのか徹底比較しました。

(特徴を比較!)

・クリアネオの特徴
クリアネオは、殺菌成分『イソプロピルメチルフェノール』、制汗成分『パラフェノールスルホン酸亜鉛』が配合されています。
さらに、天然植物エキスや美容サポート成分が配合されていて、様々な角度からエチケットケアにアプローチします。

・ニャオワンの特徴
ニャオワンとクリアネオを比較すると、エチケットケアへのアプローチ方法が大きく違います。
ニャオワンは、フラーレンやEGF、乳酸菌、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミドを始め、複数の美容成分で足裏のアンチエイジングに働きかけます。

(どっちが足臭ケアにいい?)

ニャオワンとクリアネオを比較した場合、それぞれ違う魅力・用途があり比較し難いものの、足臭ケアという点で比較するならば、断然ニャオワンがおすすめです。

因みに、クリアネオはワキガケアに向いているエチケットケア商品のため、『足臭ケアはニャオワン』『ワキガケアはクリアネオ』といった使い分けがおすすめです。

・クリアネオは足臭ケアに向いていない?
クリアネオには制汗成分が配合されいますが、足臭ケアは汗を自然に流した方が良いので、足臭対策にはおすすめできません。

ニャオワンは店舗販売しているの?

ニャオワンは店舗販売しているのか、薬局やドラッグストア、ドンキなどを調査しました。

(店舗販売状況を調査)

・薬局やドラッグストアは?
マツキヨやサンドラッグを調べたところ、ニャオワンを販売している店舗はありませんでした。

・ドンキやロフトは?
ドンキやロフトを調べたところ、ニャオワンを販売している店舗はありませんでした。

ニャオワンは今のところ店舗販売していませんが、公式サイトなら確実に購入できます。

(公式サイトはお得なの?)

ニャオワンは店舗販売されていませんが、公式サイトなら最安値で購入できます。

・ニャオワンの定期コース
通常4,980円のところ、初回2,980円送料無料で購入できます。
また、初回クレジット決済なら2,480円送料無料とかなりお得です。

ニャオワンの定期コースは2回目以降も3,980円のため、店舗販売していなくてもお得な価格で継続できます。

・公式サイトならではの特典も!
ニャオワンの定期コースは、店舗販売されている商品にはない特典があります。

特典は、15日間初回返金保証付きや足の臭い徹底ケアのコツプレゼントなど、魅力的な内容になっています。

その為、ニャオワンの購入は断然公式サイトがおすすめです。

単品購入より定期コースを選択するべき?

ニャオワンは、単品購入より定期コースを選択した方が良いのか徹底検証しました。

(単品購入より定期コース?)

・継続的な使い方がおすすめ!
ニャオワンは、足裏の角質ケアにアプローチするエチケット商品のため、一時的な使い方より継続的な使い方がおすすめです。

ニャオワンを単品購入する場合4,980円ですが、定期コースなら初回2,980円で購入できます。

単品購入と定期コースの価格を比較しても、ニャオワンは公式サイトの定期コースが断然おすすめです。

また、継続しやすさを考えても単品より定期コースの方が有利なため、単品購入を考えている方は定期コースをおすすめします。

(定期コースは特典も魅力!)

・定期コースの特典
ニャオワンの定期コースは初回2,980円送料無料で、初回クレジット決済なら2,480円送料無料とかなりお得です。

更に、2回目以降も3,980円で購入でき、15日間初回返金保証も付いています。

また、足の臭い徹底ケアのコツプレゼント付きのため、ニャオワンの定期コースは特典が充実しています。

・スキンケアは毎日継続している!
顔のスキンケアは毎日の習慣として継続していますが、足の角質ケアも同様に継続が大切です。

単品購入だと毎日の継続が難しいので、ニャオワンは習慣化を前提にした購入方法が理想的です。

>> ニャオワンの詳細はこちら